知っておきたい!宅配ネットクリーニングのメリットとデメリット

知っておきたい!宅配ネットクリーニングのメリットとデメリット

 

宅配ネットクリーニングにはメリットとデメリットがあります。

 

実際に利用する前に、どのようなメリットとデメリットがあるのかを確認しましょう。

 

 

宅配ネットクリーニングの3つのメリット

 

自宅にいながらクリーニング可能

 

通常のクリーニング店舗では、洗濯物を出し、出来上がったら取りに行けなくてはならず、2回足を運ぶ必要があります。

 

冬物など厚手の物はかなりかさばりますし重くなるので大変です。

 

宅配だと好きな時間に申し込んで送り仕上がったら送り返してくるので、店舗に出向く必要が無いことです。

 

共稼などで忙しい、近くに店舗が無い。介護や赤ちゃんの世話などで外出がしにくい。

 

病気などで外出できないなどの事情のある人には大変便利なサービスです。

 

そのうえ店舗に行く交通費もかからないので、経済的です。

 

料金も自由に選べる

 

パック料金をうまく使うことで、クリーニング代の節約にもなる場合があります。

 

送料を最初から含めた料金表示にしたり、利用料金いくら以上、商品何点以上は送料無料などのサービスを行っている業者も居ます。

 

金銭面からも、自分に合った業者を選べます。

 

保管サービスもある

 

別料金になりますが、クリーニングをした物を保管するサービスを行っている業者も居て、冬物などかさばる物の保管場所に困っている人、カビや虫食いの心配が無くなります。

 

 

 

宅配ネットクリーニングの3つのデメリット

 

責任問題が曖昧になることがある

 

業者とのトラブルが起きたときの責任問題が曖昧になることがあります。

 

クリーニング店に持ち込んだ場合だと、その場で商品の点数やボタンやシミなどを確認しています。

 

宅配の場合、トラブルが何処で起きたのかが曖昧にないりやすくなります。

 

たとえばボタンやシミ、なども、出す前に写真など商品の状態を写真などに残しておかないと、付いていた、付いていないになってしまいます。

 

紛失についても、「本当に送ったの?」とうやむやにされたり、連絡しても対応しない場合もあります。

 

事前に料金の確認の必要がある

 

料金については、「商品が高額商品の対象になる。」と言われ注文時よりも高額の請求をされた。一度出しているので解約できず言うがままに払った。などのトラブルも起きています。

 

パック料金にしても何点パックの場合、パックの方が高く付くのに知らずに出してしまった。とゆう場合もあります。

 

紛失することもありうる

 

ポケットの中などの点検もよくしておかないと、「入っていたはず」が通用しないときがあります。

 

店舗利用名ならその店舗が点検しますが、宅配の場合自分が注意するしかありません。